ALCの外壁左官補修やUカット工法について

ALCは内部に気泡を多く含む事で断熱性に富み軽量というメリットがありますが、モルタル外壁やサイディングに比べると、軽石のように大変脆い外壁材になります。

外壁表面の防水性能の低下で雨水が浸み込むと爆裂や欠損などの不具合が起きます。

ALC外壁の爆裂や欠損

外壁表面の防水性能の低下や細かなクラックを長期に放置すると雨水が浸み込み、下の写真のように大きな爆裂や欠損に繋がります。

このままでは塗装が出来ないので左官補修工事の下地処理をします。

ALCの爆裂

ALCの爆裂

ALCの爆裂

ALCの欠損

爆裂や剥離したALC外壁を撤去

下の写真は爆裂や剥離、欠損したALCを撤去後の写真です。

鉄筋が錆びるて膨張する事が爆裂の原因になります。又、建物の揺れや捻じれなどが原因で剥離や欠損の原因になり、これらをキッチリと改修してからでないと外壁の塗装は出来ません。

ALC外壁のクラックの対処法について

建物にほぼ影響を与えないようなヘアークラックについては、下塗り材の下地調整材で問題ありませんが、クラック幅が2~3mmを超えるようであればUカット工法などで処理が必要になります。

ALC外壁の2mmを超えるクラックです。

この状態でシーリングで補修しても表面が埋まるだけなので、早期にクラックが発生する為、今回Uカット工法で補修しました。

ALC外壁のクラック

ディスクサンダーなどを使って、現況のクラックの幅を広げます。

クラック幅広げ深くU形に切り込みを入れる事で、内部までシーリングを充填する事が出来、揺れなどで建物が動いてもシーリング材が緩衝材の役目をしてくれるため、同じ箇所にクラックが発生する事を防いでくれます。

ALC外壁のクラック

Uカット後にALCの切り込みにプライマーを塗布します。

プライマーはALCとシーリングの密着性を高めます。

プライマー塗布

次の工程はUカット部分にシーリングを充填します。

シーリングを充填する事で、揺れなどに柔軟に追随します。

シーリング充填

シーリング充填後ならしてから、コニシボンドのKモルタルで表面をならします。

仕上げはカチオンシーラー塗装、下地調整材で模様を付けてから防水塗装で仕上げました。

Kモルタル充填

雨漏りの散水調査や防水工事

雨漏り散水調査や防水工事

お見積り依頼フォーム

お見積り依頼は以下のフォームよりお願いいたします。

お電話でのお問い合わせは(0798)39-7137まで

以下のフォームに必要事項をご記入の上、「送信する」ボタンをクリックしてください。

必須

(例:山田太郎)

必須

(例:やまだたろう)

必須

(例:0798-00-0000)

必須

(例:sample@yamadahp.jp)

(例:000-0000)

(例:西宮市津門大箇町7-24)

テキストを入力してください

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

0798-39-7137

受付時間:9:00~18:00(土日祝を除く)

施工対応エリア

兵庫県神戸市(東灘区 灘区 兵庫区 長田区 須磨区 垂水区 北区 中央区 西区) 西宮市 

尼崎市 芦屋市 伊丹市 宝塚市 川西市 三田市

大阪府 豊中市 箕面市 池田市 豊能町 能勢市

お問合せはこちら

ご予約はお電話・メールにて受け付けております。

お電話でのお問合せはこちら

0798-39-7137

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

カラーベスト塗装動画

ごあいさつ

嘉村 和伸

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。