ALCの窓廻りのシーリング打ち替えについて

実はよくあるALC外壁の雨漏りについて。

ALCに使用されているプレートの横幅が610mmしかなく縦の目地や横の目地が非常に多くなる為、開口部などを含めるとシーリング部分が非常に多くなります。

水密性などを目的として施工されているシーリング材が経年劣化などで破断や剥離を起こすと、雨漏りの原因になる場合があります。

又、ALCは2次防水(透湿性防水シートなど)が施工されていない為、モルタル外壁や窯業系のサイディングボードの外壁に比べ、比較的雨漏りが起きやすい外壁になります。

ALCサッシ廻りのシーリング経年劣化

下の写真は劣化したサッシ廻りのシーリング材です。

サッシの部屋側に雨漏りがして上部にご自分でパテの様な物を詰めていました。

ALCサッシシーリング劣化

室内の雨漏り跡

ALCサッシシーリング劣化

室内の雨漏り跡

ALCサッシ廻りのシーリング撤去

下の写真はALCのサッシ廻りのシーリング撤去後の写真です。

シーリングを撤去すると一部内部が空洞でシーリングが切れるとすぐに雨漏りが起きるのが分かると思います。

ALCのサッシは外壁とほぼ面一で施工されているので、打ち増しで施工した場合充填量が1mm程度しか確保できない為、打ち替えが望ましいです。

ALCサッシシーリング撤去後

ALCサッシシーリング撤去後

ALCサッシシーリング撤去後

ALCサッシシーリング撤去後

サッシからの雨漏り

下の写真は、ALCのサッシ廻りのシーリングの撤去中に内部の雨水が出て来た写真です。

ALCサッシの雨漏り

ALCサッシの雨漏り

ALCサッシ廻りシーリング充填

下の写真はALCのサッシ廻りにシーリングを充填している写真です。

既存シーリングを完全に撤去しているので、タップリと充填出来ます。

ALCサッシシーリング充填

ALCサッシシーリングならし

ALCサッシシーリング充填

ALCサッシシーリングならし

ALC目地からの雨漏り

ALC目地のシーリングの劣化も雨漏りの原因になります。

下の写真は、目地に散水して雨漏り個所を特定する雨漏り散水調査と点検港内部から雨漏り個所を撮影した写真です。

目地から水が滲み出ているのが分かると思います。

外壁の改修時は目地も全てシーリングの改修をします。

ALC目地の雨漏り散水調査

ALC目地の雨漏り

ALCシーリング改修工事完了写真

目地やサッシ廻りの白い部分全てシーリング改修した部分です。

この建物で1000m以上の数量になりました。

この後塗装工事ではアステックペイントの超低汚染リファイン1000Si-IRを塗装しています。

雨漏りの散水調査や防水工事

雨漏り散水調査や防水工事

お見積り依頼フォーム

お見積り依頼は以下のフォームよりお願いいたします。

お電話でのお問い合わせは(0798)39-7137まで

以下のフォームに必要事項をご記入の上、「送信する」ボタンをクリックしてください。

必須

(例:山田太郎)

必須

(例:やまだたろう)

必須

(例:0798-00-0000)

必須

(例:sample@yamadahp.jp)

(例:000-0000)

(例:西宮市津門大箇町7-24)

テキストを入力してください

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

0798-39-7137

受付時間:9:00~18:00(土日祝を除く)

施工対応エリア

兵庫県神戸市(東灘区 灘区 兵庫区 長田区 須磨区 垂水区 北区 中央区 西区) 西宮市 

尼崎市 芦屋市 伊丹市 宝塚市 川西市 三田市

大阪府 豊中市 箕面市 池田市 豊能町 能勢市

お問合せはこちら

ご予約はお電話・メールにて受け付けております。

お電話でのお問合せはこちら

0798-39-7137

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

カラーベスト塗装動画

ごあいさつ

嘉村 和伸

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。